気軽に書き込んでください。

掲示板

165851
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ウイーンフィルの響き - タロッペいたばしMail

2018/08/11 (Sat) 15:55:33

https://youtu.be/oYR79aCJwfs

1996年放映の番組がユーチューブにアップされているのをお知らせいただきました。 ヤマハでウイーン楽器制作プロジェクトを推進した故竹内明彦さんが、ウイーンの響きを解説されています。 まさに当方が習った響きの作り方なんでしょう。 インターナショナルな響きとは180度逆。 ウイーン音大に留学されたトランペットの築地さんのレッスン風景もでてきます。  

Re: ウイーンフィルの響き - タロッペいたばしMail

2018/08/15 (Wed) 07:21:02

竹内さん開発のときにとても驚いたのが楽器の響きに対する感じ方。 ポーというとても柔らかい音は彼らには硬く、ジリジリとなる硬い音が柔らかい。 ウイーンフィルでは”空間に響く結果の音”が大切で、普段演奏しているホールの響きかどうかだそうです。

そこで思い出したのが当時都響の沖田さんに連れられてブレスルマイヤー製のベルガーモデル他をおみせしに千葉先生のお宅にお邪魔した時の事。 先生はベルガーさんはじめウイーンフィルのメンバーとの交流も多く、ウイーンフィルにはエキストラで出演もされています。 そのときいつもの楽器にはNGばかりだったんですが楽器を変えたら一発でOKと言われたそうです。

ウインナホルンの3か国演奏会がウイーンであったとき、ウイーンバルトホルン協会のアンサンブル、日本、スコットランドのアンサンブルとは異次元の響きでびっくりしました。

ユングビルトのチューバを竹内さんに見ていただいたとき、絶対にラッカーかけてはダメと言われました。 今思えば空間を響かすためなんでしょうか。 それにしても歴史的録音に残されたコーラー、シェーデル先生、フンメルさん、空間の響きいいですね。


マーラー2番 - タロッペいたばし

2018/05/14 (Mon) 17:10:01

来年、フィルハーモニカー・ウイーン・名古屋がマーラー交響曲2番を演奏するそうです。 

この曲のCDをもってました。 ズービン・メータ指揮1975年録音でフンメルさんの超名演奏が聴けます。 5楽章の一部はユーチューブにもアップされてました。 
https://www.youtube.com/watch?v=4u7dPX_zJTc

フンメルさんはメータに言われてB管を使ってますがいつものウイーン奏法で普通のチューバとは大違い。 1982年に録音したショルテイーのワグナー指環でもフンメルサウンドが。 こういうのを聴くと元気がでてきます。

さて伝統的なウインナチューバが使われた録音は・・・。

1948年ワルター指揮、コーラー先生かシェーデル先生、クレーか。 ナチに追い出されたワルターがウイーンに帰ってきたときの演奏会で感慨深い。

https://www.youtube.com/watch?v=Mi3wJ1qkH2c 

そして1958年ハーマン・シェルシェン指揮のウイーン国立歌劇場の録音、これもコーラー先生か。

https://www.youtube.com/watch?v=wf00l3cG3mw

ウインナ・チューバはマーラー・チューバだそうです。 以上大森さん、ゼックマイスターさんとの連絡で知りました。 来年、名古屋でマーラー・チューバが聴けるかも・・・。

Re: マーラー2番 - シューボックス  URL

2018/05/16 (Wed) 05:13:30

チューバを含む金管のコラールなんかがあって素晴らしいですね。私も愛聴盤です。ウィンナ奏法によるB♭管のお手本ですね。LPからの空気録音を貼っときます。いくつかに分けて聴きどころを貼っています。
第5楽章も金管コラールなど4つの部分を入れています。

メータ/ウィーン・フィル
マーラー交響曲第2番「復活」
https://twitter.com/wienertuba0321/status/996371628509446147?s=21

Re: マーラー2番 - タロッペいたばし

2018/05/16 (Wed) 11:37:09

メータ指揮のはソフィエンザールでのDeccaのプロジェクトだったのですね。 LPの瑞々しさは相変わらず。 新しいCDも出たとは! フンメルさんにお知らせしたいです。 

Re: マーラー2番 - シューボックス  URL

2018/05/16 (Wed) 12:12:17

フンメルさんはB♭管を吹いても、暗く籠った音にならずに金管の音になっています。そうでありながら重量感のある響き。まぁ聴いてください、としか記しようがないww

Re: Re: マーラー2番 - somatin

2018/05/21 (Mon) 00:28:46

名盤ですよね。あれはフンメルさんのB管だったんですね。
ライバル(?)のマゼール盤(84年)も久し振りに聴き直しましたが、こちらはウインナテューバだと思います。やはりフンメルさんでしょうか?

Re: マーラー2番 - シューボックス  URL

2018/05/21 (Mon) 22:24:33

ロリン・マゼール
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
マーラー交響曲第2番「復活」
第3楽章・第5楽章

第3楽章④などを聴くとウィンナ・チューバだと思います。第5楽章は全般に分かりやすい
ムジークフェラインザールで録音
https://twitter.com/wienertuba0321/status/998545648625446912?s=21

Re: マーラー2番 - タロッペいたばしMail

2018/05/23 (Wed) 11:24:12

瑞々しいですね。ウインナチューバみたいですね。 

マゼール盤は楽友協会での1983年の録音。ザイゼンバッハーさんは1979年に退団しているので、フンメルさんですかね。 1979年にはC管のピサルキエビッチさんが採用されてますが。

Re: マーラー2番 - タロッペいたばし

2018/07/28 (Sat) 07:57:59

大森さんから教えていただき、1965年ザルツブルグ音楽祭でのアバドのデビュー演奏会のCDを聴きました。 うーん、コーラー、シェーデル先生の凄演! 

オケのチューバ 一区切り - タロッペいたばしMail

2018/07/17 (Tue) 10:49:16

一昨日、新座交響楽団の演奏会で大学祝典序曲、チャイコフスキー4番でした。 40周年記念の定期演奏会、ブルッフのバイオリン協奏曲は出番なし、アンコールは保科さんの壊奏譜。 還暦後はじめたオケでの演奏ですがこれをもって一区切り、古希をすぎてからチューバが身体に応えるようになりました。

ブルックナー、ブラームス、ワグナーはチャイコフスキー、シベリウス、ラフマニノフとは一線を画していますね。 マーラー、R・シュトラウスの機会はありませんでしたが思いもしなかったオケでの経験でした。

Re: オケのチューバ 一区切り - シューボックス

2018/07/17 (Tue) 17:13:19

オケのチューバ一区切りとは残念です。
確かに身体はフルに使いますもの。

Re: オケのチューバ 一区切り - タロッペいたばしMail

2018/07/17 (Tue) 18:27:17

ウインナ・チューバはオーケストラの楽器でゼックマイスターさんはシンフォニック・チューバと呼んでいます。 ロマン派の作曲家はこの響きを念頭に名曲を作ったのだと思います。 実際にオケのなかで吹いてみて感じたのはブラームス、ブルックナー、ワグナーの深い音楽性でした。 

Re: オケのチューバ 一区切り - タロッペいたばしMail

2018/07/20 (Fri) 08:12:11

チャイコフスキー4番

カラヤン ブルックナー テ・デウム LP - シューボックス

2018/07/10 (Tue) 20:58:36

ブルックナー テ・デウム
Ⅴ.主よ、おん身により頼みます

カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ウィーン楽友協会合唱団

1984年9月ウィーン ムジークフェラインザール

ウィンナ・チューバの響きと動きが良く分かる演奏・録音

https://twitter.com/wienertuba0321/status/1015938561336471553?s=21

Re: カラヤン ブルックナー テ・デウム LP - タロッペいたばしMail

2018/07/17 (Tue) 10:33:00

いいですねー!

Re: カラヤン ブルックナー テ・デウム LP - シューボックス

2018/07/17 (Tue) 17:11:35

よく聴こえます!

カラヤン ドヴォルザーク交響曲第8番 LP - シューボックス

2018/07/11 (Wed) 23:12:53

ヘルベルト・フォン・カラヤン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ドヴォルザーク交響曲第8番 イギリス 第1楽章

1961年9月〜10月 ウィーン ゾフィエンザールにて録音
https://twitter.com/wienertuba0321/status/1017018484125941762?s=21

楽譜出品のお知らせ - Mathtuba

2018/06/13 (Wed) 09:19:04

ご無沙汰しております。

私事ではありますが,この度3人目の子どもを授かり,今月末に出産予定となりました。
家族が増えるということで,これを機に家の大掃除を連日行っています。
そこで課題となるのが,学生時代から集めて来た楽譜の数々…。
ソロ曲やアンサンブル曲が相当な数になりましたので,電子化して保存しながら数を減らすことにしました。
ただ,せっかくの楽譜ですのでそのまま廃棄するのは勿体無いと思い,ヤフオクに出品することにしました。
どれも破格の値段で出品していますので,ご確認いただければ幸いです。
テューバを頑張っている方々に無料で…という気持ちもあるのですが,前述のように家族が増えるので,色々と出費も増えるため,せめて少しだけでもキャッシュバックがあればと思っています。ご了承ください。

楽譜が安価で入手できることは,特に音大生や音大を志す学生の方にもいい情報だと思っています。
機会がありましたから,お知り合いの方にも情報を提供していただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


補足
ヤフオクでのハンドルネームは「ike- tuba」です。
6月13日現在,
・テューバ協奏曲(ヴォーン・ウィリアムズ)
・JUST BRASS(ジョン・フレッチャー)
を出品しています。
これからまだまだ増えていきます!

SPRINZ - タロッペいたばしMail

2017/05/12 (Fri) 14:46:55

いよいよ整備完了、明日お持ちいただくことになりました。 楽しみ。 

Re: SPRINZ - タロッペいたばしMail

2017/05/13 (Sat) 21:13:13

いやは驚きました‼️ これこそ本物。 素晴らしい‼️
ショックです。

Re: SPRINZ - シューボックス URL

2017/05/13 (Sat) 23:51:54

Sprinz Tuba 中央の!

Re: SPRINZ - タロッペいたばしMail

2017/05/14 (Sun) 07:54:41

右は当方のJungwirth。 Sprinzがいかに優れているか分かる写真ですね!

Re: SPRINZ - シューボックス URL

2017/05/14 (Sun) 17:55:14

1901年頃作られたものとか。
115〜116年前のものですが素晴らしいものですね!

Re: SPRINZ - タロッペいたばしMail

2018/06/04 (Mon) 08:20:11

ゼックマイスター教授によると、Sprinz は1901年にマーラーが音楽監督をしていたウイーン宮廷歌劇場のチューバ奏者エミール・ハルトマンに6バルブのウインナチューバを作ったそうです。

ちなみに A Sprinz は今年切手になったチューバを作った E Paulus の後継者です。 

大森さんの楽器ひょっとしてハルトマンの使っていたものでしょうか ?? 

Re: SPRINZ - タロッペいたばしMail

2018/06/05 (Tue) 07:37:14

Sprinz がハルトマンに作ったウインナ・チューバはベルリン・バルブだったそうです。 同じ1901年にロータリーのウインナ・チューバも作ったことになります。

ジュリー二 ブルックナー9番 - タロッペいたばしMail

2018/06/04 (Mon) 16:41:33

フンメルさんお手本演奏のブルックナー9番。 昨日、NHKのインタビューでキュヘルさんが言及していたそうです。オケ全体をジュリー二が音楽に引っ張り込んだ、集中していて指揮者が見えなかった・・・

ライナー/シカゴ響の「悲愴」でウィンナ・チューバ - シューボックス  URL

2018/05/11 (Fri) 23:24:18

フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団
チャイコフスキー交響曲第6番

1956年シカゴ オーケストラ・ホール
ジェイコブスさんにライナー御大がウィンナ・チューバを吹かせたという有名な録音ww
シカゴ響の黄金期を築いたライナーが抱いた金管の理想はウィーンの響きなのでしょうww

https://twitter.com/wienertuba0321/status/993795273884291072?s=21
https://twitter.com/wienertuba0321/status/993799611897675776?s=21

https://twitter.com/wienertuba0321/status/993826450607226880?s=21

Re: ライナー/シカゴ響の「悲愴」でウィンナ・チューバ - タロッペいたばし

2018/05/13 (Sun) 15:43:39

これは貴重なLP! 

ヘリコン! - タロッペいたばしMail

2018/04/24 (Tue) 08:37:31

アンサンブル-エールのサマーコンサートでヘリコンを使うかもしれません。

ヘリコンはバスチューバの前にはウイーン宮廷歌劇場でもつかわれていたようで、いまでもヨーロッパのブラスバンドでみます。

今回はチューバの石川さんがイタリアから持ち帰った楽器。 とてもよくメンテされてました。 ゼックマイスターさんによれば、製作者の J Plaschke はグラスリッツからの移民の出で1886年以来北イタリア、ボーゼンで楽器製作。 楽器は3バルブのEs管で材質はウイーンのに似ています。 そしてサウンドが素晴らしい。

Re: ヘリコン! - シューボックス

2018/04/25 (Wed) 06:33:51

イタリヤですと3ピストン、それとも3ロータリーでしょうか?
ヘリコンの形状は音抜けがよさそうww

Re: ヘリコン! - タロッペいたばし

2018/04/25 (Wed) 08:10:49

今はイタリア領ですが南チロルなので当時はオーストリアだったかもしれません。 楽器にもドイツ語の銘板があります。 3ロータリーでドラム式。 ヘリコンは以前にもみたことがありますが、こんなにいい音がするとは意外でした。とてもしっかりとした楽器で驚きました。

Re: ヘリコン! - シューボックス

2018/04/26 (Thu) 18:05:01

ロータリーなのですね。スーザフォンのベルの大きさは見た目重視な感じですが、ヘリコンはチューバを丸く大きく巻いただけなので音は良いように思います。

Re: ヘリコン! - タロッペいたばしMail

2018/05/02 (Wed) 12:24:38

グラスリッツはボヘミア(チェコ)なんですが、スーザもチェコからの移民だとおもいます。 


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.